骨粗鬆症

女性では50歳前後の閉経を迎えると女性ホルモンの分泌が低下するために急速に骨密度が下がっていきます。骨密度や骨質が低下し骨粗鬆症が進んだために発生する骨折を脆弱性骨折と呼びます。
 
背骨はこれまで骨折を自覚していなかった方でも若い時に比べて2cm身長が縮んだ方では骨折が隠れている可能性がある(いつの間にか骨折)と言われます。
 
胸腰椎圧迫骨折をしたことのある方では再度圧迫骨折するリスクは3~4倍。大腿骨頚部骨折リスクは3~5倍になります。
 
骨粗鬆症かどうかの診断は
2012年度改訂版の原発性骨粗鬆症診断基準によると
1.すでに脆弱性骨折がある場合
  背骨の骨折がある または 大腿骨の骨折がある
  その他の脆弱性骨折があり、かつ 骨密度が若年者の80%以下
2. 脆弱性骨折がない場合 
  骨密度が若年者の70%以下
となっています。
 
 
当院での骨粗鬆症検査
 
  • 腰椎・大腿骨骨密度を測定(DEXA)
  • 背椎レントゲン検査(いつのまにか骨折の有無)
  • 血液検査(骨代謝マーカーなど)
 
いつまでも健康で楽しい生活が送れるようにしっかりと骨のメンテナンスをしましょう。
 

文章(+イメージ)

当院では腰椎と大腿骨で骨密度を測定(DEXA法)しています。
これまで手関節や踵で測定して骨密度は大丈夫と言われた方でも腰椎や大腿骨といった脆弱性骨折の頻度の高い個所での測定をすると骨密度が低い場合もあります。腰椎や大腿骨で骨密度を測定する事をおすすめします。
 
医療法人社団滋恵会 安藤整形外科
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口1-5-2
TEL.044-811-2711
FAX.044-811-2712