本文へ移動

腰痛・坐骨神経痛・仙腸関節痛

腰痛の約8割はCTやMRI、レントゲンなどの画像診断では原因が見つからない『非特異的腰痛』と言われています。
 
非特異的腰痛には筋膜性、仙腸関節性、椎間関節性、椎間板性、神経性、不安やストレスからくる筋緊張の亢進からくるストレス、心因性疼痛などがありますが、これらの病態は独立したものではありません。
 
問診・動作分析や触診することで発痛源を評価しhydrorelease 理学療法 内服治療等により治療をしていきます。
 
 
 
 
 

仙腸関節性腰痛
 
仙腸関節は背骨を支える仙骨を横から挟み込む腸骨との間にできる関節で強靭な靭帯の複合体で支えられています。仙腸関節炎は不良姿勢や不良動作などで仙腸関節の靭帯や筋肉に無理がかかっている状態です。
 
症状:腰を反らすと痛む
   座っていると痛みが増す
   長時間座っていられない
   椅子からの立ち上がりが痛む  
   脚の付け根(鼠径部)が痛む
   上を向いて眠れない
     
治療:安静
   骨盤ベルト
   運動療法・姿勢指導 
   仙腸関節ブロックやその他の部位へのhydrorelease
             などの治療を行います。
 
   
 
 
診療申込書
ダウンロードはこちら
医療法人社団滋恵会 安藤整形外科
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口1-5-2
TEL.044-811-2711
FAX.044-811-2712

 
TOPへ戻る