腰痛・坐骨神経痛・仙腸関節痛

腰痛の15%は圧迫骨折や腰椎椎間板ヘルニア、化膿性脊椎炎など
特定の疾患として画像上診断でき、85%はCTやMRI、レントゲンなどの画像診断では原因が見つからない非特異的腰痛であると考えられています。
 
非特異的腰痛のほとんどは筋肉の急性・慢性的な拘縮が関与する腰痛
や仙腸関節の異常によっておこってくる腰痛であると考えられています

 
坐骨神経痛→下肢のしびれや筋力低下等の神経根症状がみられる場合はMRI検査をします。神経障害性疼痛の薬など内服治療から始め改善がなければ仙骨裂孔ブロック等の治療を行います。
 
仙腸関節痛→仙腸関節は背骨を支える仙骨を横から挟み込む腸骨との間にできる関節で強靭な靭帯の複合体で支えられています。仙腸関節炎は不良姿勢や不良動作などで仙腸関節の靭帯や筋肉に無理がかかっている状態です。当院では仙腸関節ブロックやリハビリなどの治療を行います。
 
 
非特異的腰痛→腰痛の大半は画像上にて原因が特定できない腰痛で、その大半は急性・慢性的な筋肉拘縮が関与していると考えられています。当院ではトリガーポイント注射・内服治療・リハビリなどの治療を行います。
 
 
医療法人社団滋恵会 安藤整形外科
〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口1-5-2
TEL.044-811-2711
FAX.044-811-2712